about_expl.jpg

ペイントプロテクションフィルムとは?

走る事にとって、細かな飛び石や泥はね、無視の飛来衝突などは塗装を痛める原因であり、車を日常的に使用するには誰もが経験する「細微な事故」であると言えます。
ですが、誰もが経験する細微な事故でありながら、それを決定的に防ぐ方法は皆無と言っても過言ではありません。例えば、ワックスやコーディングなどは車体を美しく見せるためのものであり、傷つく事自体を防ぐには向いていません。
また、一部輸入車は新車時から特定箇所に塗装保護用のフィルムが採用されていたり、海外、特に北米ではノーズブラと呼ばれる布製のカバーなどが発売されていますが、日本国内ではあまり普及していません。
こうした現状の中で開発・登場したのがXPELペイントプロテクションフィルムです。

pic_about02.jpgpoint_car3.jpg

XPELペイントプロテクションフィルムとは、アメリカで開発された耐候性・耐摩耗性に優れたポリウレタンフィルムで、そのフィルムに透明で耐候性のあるアクリル系の粘膜剤を塗布したものです。
XPELペンとプロテクションフィルムは0.15mm(150ミクロン)という厚みがあります。
ウィンドウフィルムなどと比較しても分厚いこのフィルムは、高透過高分子ポリウレタンという素材により非常に柔軟性があり、かつ収縮性に富んでいます。
その特徴を生かして曲面への加工が可能となり、これまで不可能であると思われていた複雑な形状のバンパーなどの3次元曲面へも、1枚の大きなシートで貼付けが可能となりました。
さらにその柔軟性は、飛び石などの飛来物からその衝撃を吸収し塗装面を守るという、もう1つの「不可能」も可能に変えました。


衝撃を吸収し高い耐摩耗性をもつXPELだから使われる <戦闘機>

st9.jpg

XPELプロテクションフィルムは、外的な衝撃を吸収・分散する柔軟性、キズが付きづらい耐摩耗性、三次曲面にも施工がしやすい伸縮性などの様々な高機能を評価され、米軍戦闘機のキャノピー(操縦席の風防)にも採用されています。高速で飛行する戦闘機に採用されていることは、フィルムの機能が高いことの証明です。

アメリカ本社と直結したデータベースで10,000種以上の車種をカバー

aboutjpg_03.jpgXPELプロテクションフィルムシリーズの大きな強みは、アメリカのエクスペル本社と直結したデーターベース(DAP)の10,000種以上の車両に対応したプレカットデータにより、幅広い車種をカバーしています。また、最新の車両へのデータ取りも迅速なので、新車種のデータにもいち早く対応しています。

他ブランドのプロテクションフィルムとの耐摩耗性比較<スクラッチテスト>

s1.pngs2.png s3.pngs4.png

 

 

 

XPELとは?

aboutjpg_19.jpg「エクスペル」社は1996年にアメリカで誕生した、「ペイントプロテクション・フィルム」唯一の専門メーカーです。

フィルムの独自開発からはじまり、お客様に提供するために必要な全てを構築してきました。施工に必要なさまざまな専用ツールなどを整えることでフィルムの品質を最大限に発揮することができる環境を確立しました。

また高い施工技術を身につけるためのトレーニングプログラムを用意。日本でもアメリカ同様のサービスが提供できるシステムを整えています。



Q & A

 

XPELのプロフェッショナルディーラーには専門知識豊富なスタッフが在籍しています。店頭でのご説明が一番良くフィルムについてご理解いただけますが、なかなか店頭に出向いてと言うのは難しいので、よくいただくご質問をQ&A形式でまとめました。
全ての疑問や不安事項にお答えできているわけではありませんので解決しないことや分かり難いことに関しては遠慮なくお問い合わせください。

Question

Answer

Q1:自分で貼り付けをするのですか?

A1:

基本的に貼り付けは専門知識、技術をもつ認定インストーラーが行います。
豊富な経験から施工箇所などの相談やカスタム施工も可能です。またドアエッジなどの細かい個所に貼り付けが可能な『d.i.yアイテム』もご用意しております。
もちろんドアエッジなどの施工依頼も受け付けております。

Q2:貼り付けた面とそうではない面に違和感は出ますか?

A2:

あくまでも飛来物から塗装面を守ることが本商品の目的ですのでコーティングと違いまったくわからないというものではありません。それでも3メートルほど離れればほとんど確認できないレベルでの施工が可能で、貼った事を知らない人には気が付かれないほどの仕上がりになります。ただし経年変化によりフィルムが変色する場合がありますので、ケアもしくは貼り替えが必要になります。

Q3:フィルムの変色、塗装面との経年変化の差はありますか?

A3:

適切なケアを行うことで変色は最小限に抑えられます。フィルムは最小限のuv保護のみのため、塗装面の退色などによる色味の差も発生しにくくなっています。
しかし貼り付け目的が「ボディの保護」となりますので時間が経過する中でフィルム貼り付け面と塗装面の色味の違いは発生してしまいます。

Q4:どんな車種にも施工できますか?

A4:

『エクスペル』が持つデータバンクとオンラインでつながり、50,000以上の施工個所に対応しています。データの無い車種や日本専用グレード、社外エアロパーツの装着車両なども型取りから行うことでワンオフでの施工が可能です。オンラインでのリアルタイムなデータ確認と高い技術によるカスタム施工は日本正規輸入元だから可能なサービスの一つです。

Q5:ワックスやコーティングとの関係は?

A5:

既に貼り付け面にワックスやコーティングが施工されていても問題ありません。逆にコンディションの良いボディーへの施工ほど仕上がりはきれいになります。フィルムの保護のために専用保護材の使用を推奨しています。ボディ用ワックスやコーティング剤はフィルムの変色、表面保護膜の劣化を進めてしまう商品があるため推奨していません。
※油分の高いワックスの施工車へはワックスの除去が必要になる場合があります。 ※フィルム施工面への研磨剤、コンパウンド入りのワックス等の施工はできません。

Q6:洗車やお手入れに関して教えてください。

A6:

洗車に関しては通常と同じように洗車していただけます。洗車機の使用も問題ありません。フィルム面は洗車後に各施工店が推奨するケア剤等を使用して保護をする必要があります。また塗装面同様に虫や鳥のフンなどが付着した場合は早めの除去が必要です。

Q7:耐用年数はどれくらいですか?

A7:

あくまでもボディーの保護という点では最大5年の耐久確認をしておりますが、変色や剥がした際の糊残りを考えると2〜3年間の使用を推奨しています。

Q8:中古車への施工できますか?

A8:

新車、中古車にかかわらず施工が可能です。ただし再塗装やタッチアップ、デカールの貼り付けなどにより施工が出来ない場合があります。
詳細はショップスタッフへお問合せ下さい。

Q9:部分的に施工したいのですが

A9:

もちろん部分的な施工も可能です。日常的に気になるドアノブやドアエッジ、サイドシルやエントラントプレート周辺が人気の施工箇所です。
ワゴン車などのトランクエントランスも施工効果の高い箇所です。

Q10:どのような箇所に施工する人が多いのですか?

A10:

目的を「生活キズ」と呼ばれるドアノブ周辺の引っかき傷や乗降の際の靴などの接触キズ、荷物の乗せ降ろしのトランクキズなどの対策を求めているか、走行時の飛び石などによる「走行キズ」対策をするのかと言うお客様のニーズで大きく変わってきます。
生活キズ対策であれば4,000円程度からの施工が可能ですのでまずはフィルムを知っていただくと言う点を含めて気軽な生活キズ対策からの施工が好評です。

Q11:もっと詳しく知りたいのですが

A11:

各施工店までお問い合わせください。

Q1:自分で貼り付けをするのですか?
A1:
基本的に貼り付けは専門知識、技術をもつ認定インストーラーが行います。 豊富な経験から施工箇所などの相談やカスタム施工も可能です。またドアエッジなどの細かい個所に貼り付けが可能な『d.i.yアイテム』もご用意しております。 もちろんドアエッジなどの施工依頼も受け付けております。
Q2:貼り付けた面とそうではない面に違和感は出ますか?
A2:
あくまでも飛来物から塗装面を守ることが本商品の目的ですのでコーティングと違いまったくわからないというものではありません。それでも3メートルほど離れればほとんど確認できないレベルでの施工が可能で、貼った事を知らない人には気が付かれないほどの仕上がりになります。ただし経年変化によりフィルムが変色する場合がありますので、ケアもしくは貼り替えが必要になります。
Q3:フィルムの変色、塗装面との経年変化の差はありますか?
A3:
適切なケアを行うことで変色は最小限に抑えられます。フィルムは最小限のuv保護のみのため、塗装面の退色などによる色味の差も発生しにくくなっています。 しかし貼り付け目的が「ボディの保護」となりますので時間が経過する中でフィルム貼り付け面と塗装面の色味の違いは発生してしまいます。
Q4:どんな車種にも施工できますか?
A4:
『エクスペル』が持つデータバンクとオンラインでつながり、50,000以上の施工個所に対応しています。データの無い車種や日本専用グレード、社外エアロパーツの装着車両なども型取りから行うことでワンオフでの施工が可能です。オンラインでのリアルタイムなデータ確認と高い技術によるカスタム施工は日本正規輸入元だから可能なサービスの一つです。
Q5:ワックスやコーティングとの関係は?
A5:
既に貼り付け面にワックスやコーティングが施工されていても問題ありません。逆にコンディションの良いボディーへの施工ほど仕上がりはきれいになります。フィルムの保護のために専用保護材の使用を推奨しています。 ボディ用ワックスやコーティング剤はフィルムの変色、表面保護膜の劣化を進めてしまう商品があるため推奨していません。 ※油分の高いワックスの施工車へはワックスの除去が必要になる場合があります。 ※フィルム施工面への研磨剤、コンパウンド入りのワックス等の施工はできません。
Q6:洗車やお手入れに関して教えてください。
A6:
洗車に関しては通常と同じように洗車していただけます。洗車機の使用も問題ありません。フィルム面は洗車後に各施工店が推奨するケア剤等を使用して保護をする必要があります。また塗装面同様に虫や鳥のフンなどが付着した場合は早めの除去が必要です。
Q7:耐用年数はどれくらいですか?
A7:
あくまでもボディーの保護という点では最大5年の耐久確認をしておりますが、変色や剥がした際の糊残りを考えると2〜3年間の使用を推奨しています。
Q8:中古車への施工できますか?
A8:
新車、中古車にかかわらず施工が可能です。ただし再塗装やタッチアップ、デカールの貼り付けなどにより施工が出来ない場合があります。 詳細はショップスタッフへお問合せ下さい。
Q9:部分的に施工したいのですが
A9:
もちろん部分的な施工も可能です。日常的に気になるドアノブやドアエッジ、サイドシルやエントラントプレート周辺が人気の施工箇所です。 ワゴン車などのトランクエントランスも施工効果の高い箇所です。
Q10:どのような箇所に施工する人が多いのですか?
A10:
目的を「生活キズ」と呼ばれるドアノブ周辺の引っかき傷や乗降の際の靴などの接触キズ、荷物の乗せ降ろしのトランクキズなどの対策を求めているか、走行時の飛び石などによる「走行キズ」対策をするのかと言うお客様のニーズで大きく変わってきます。 生活キズ対策であれば4,000円程度からの施工が可能ですのでまずはフィルムを知っていただくと言う点を含めて気軽な生活キズ対策からの施工が好評です。
Q11:もっと詳しく知りたいのですが
A11:
各施工店までお問い合わせください。